まずは心療内科で診断を心の病気うつ病

患者数の多い精神疾患

女性

ストレス社会と呼ばれる現在で患者が増えているうつ病は、通常の落ち込みや不安といった感情と区別するために、症状が慢性的かどうかということに注目します。他の精神疾患と症状が重複しているうつ病は、誤った診断を避けるために事前にセルフチェックを行い、医師に結果を伝えるようにしましょう。

もっと詳しく

心の病気かもと疑ったら

ナース

チェックシートで自己評価

うつ病とは、気分が沈むことがいつまでも続いたり、以前は楽しめたことが楽しくなくなったり、何もやる気が起こらなかったり、食欲の不振という症状が起きます。これらは代表的な躁鬱状態と呼ばれるものですが、それ以外にも頻繁な頭痛やめまい、便秘や疲れやすいなど体にも不調をきたすこともあります。誰一人として全く同じ症状ということはなく、非常に判断の難しい病気です。身近にうつ病の人がいる人に、その症状はうつとは違うんじゃない、と言われることもありますが、決して同じ症状でないからといって自分はうつではないと思う必要はありません。現在、うつ病かどうかを自己評価できるチェックシートが、インターネット上でも広く利用できるようになっています。自分や周りがうつを疑ったとしても、いきなり病院へ行くことは抵抗があることでしょう。まずはチェックシートで自己診断をしてみて可能性があるのかを試してみることがいいでしょう。また、このチェックシートには客観的に判断がしやすいように、どれくらいの程度の症状なのかを数値で見られるものもあります。うつの症状は、風邪やケガと異なり他人にはわかりづらいものです。例えばひどいけん怠感に見舞われているときなどは、他人から見ればサボっているとも思われがちです。気分が沈んでいるときに、友人がいろいろなことに誘って盛り上げてくれようとしてくれる時もあります。しかし症状に悩んでいるときは、かえって苦痛にしかならない場合もあります。しかしチェックシートによる診断で自分の状態をわかっていれば、これは病気のせいなんだと思うこともでき、治療に一歩踏み出すきっかけにもなります。

近くの医療機関を選ぶこと

もしチェックシートでうつ病の可能性があった場合、次はどうすればいいのでしょうか。まずはどのような病院を選べばいいのか悩むことでしょう。まずは通いやすい自宅から近い病院を選ぶことが大切です。うつ病のために通院することになると、近い病院では知っている人に見られる可能性があるかもしれないと、わざわざ遠い病院を選ぶ人もいます。しかし、うつの症状によっては通院することすら苦痛に感じるときもあります。そのような場合は、遠方の病院に行けずに、そのまま治療を止めてしまったりすることもあるのです。自分で病院までいけないときには、家族に送迎してもらったりすることもありますので、病院選びはなるべく通いやすいところを選ぶようにしましょう。また、精神科や心療内科、メンタルクリニックなど診療項目で迷うこともあるでしょう。心療内科は、主に心理的なことが原因で起こる体の不調を治療の対象としています。例えばストレスによる胃炎や頭痛などの体の症状を診ています。ですから、出来れば精神面そのものの診断や治療を望むのであれば精神科を受診することが良いでしょう。しかし、中には精神科を受診することにためらいを感じる人もいるでしょう。そのような場合には、メンタルクリニックやメンタルヘルス科と表記されている病院を選ぶことをお勧めします。一般的にメンタルクリニックなどは、精神科と心療内科の両方を併せもった役割があり、心の病気を患った人でも入りやすいように、との意味を込めてメンタルクリニックなどと表記しているのです。うつ病の治療は早期の方が治療期間が短くて済みます。もし自分や周りでうつ病を疑う症状の人がいるのなら、チェックシートで自己診断をした後、必要なら医療機関へ受診するのがいいでしょう。

ゆったりと治療を

病院

うつ病は、心身の違和感が2週間以上継続した場合に発症している可能性が高いとされています。他人事と思わず、誰もがこの基準を把握しておきたいところです。もし家族や友人に該当する人がいたら、受診を勧めてみましょう。なお、うつ病と診断されたら、病気について必要以上に調べることは避け、休息に専念しましょう。

もっと詳しく

深刻な心の病気

うつむく人

うつ病と診断されたら、まずはゆっくりと心と体を休ませましょう。医師とのカウンセリングを行い、投薬治療をしっかりと守りましょう。少し良くなったからと言って薬を勝手にやめるのは絶対にいけません。うつ病は長期戦と考え、医師と連携して治療に当たりましょう。

もっと詳しく